トップ  >  ご利用案内  >  iプラザ図書館

ご利用案内・iプラザ図書館

ただいまの展示

【一般】
 「今なら待たずに読める!少し前のベストセラー」
  予約がたくさん入っていて、なかなか借りられなかった本。
  出版から1~2年経つと、予約も少なくなっていてすぐに借りれます。
  発売当初は借りれなかった人気の本を、ゆっくり楽しんでください!  

【児童】
 「こわ~い本」
 8月30日夜に行う「夏のよるのこわいおはなし会」に向けて、こわい話を集めました。
 おはなし会に来たときに借りるもよし、おはなし会の前に借りるもよし。
 こわすぎて、夜ねむれなくならないように、注意です!

 ミニ展示「わくわくカードの本」
 春の読書週間におすすめの本を「わくわくカード」に書いてもらいました。
 その紹介された本に、みんなが書いてくれた「わくわくカード」を張り付けてあります。
 どんな本がおもしろいのか、ほかのお友達のおすすめ本をぜひ読んでみてね。

写真1

稲城市立図書館の分館として、どなたにもご利用いただけます。
資料は、市内共通の「図書館利用カード」でお借りいただけます。

○開館時間 9時~20時
○休館日  第2・第4月曜日(ただし国民の休日にあたるときはその翌日)
年末年始(12月29日~1月3日)・特別整理期間

お話会のご案内

■おひざにだっこのおはなしかい
  たんぽぽのじかん     水ようび ごぜん10じ30ふん~10じ50ふんまで (対象:0さい~1さいはん)
  ひまわりのじかん     水ようび ごぜん11じ~11じ20ふんまで (対象:1さいはん~3さい)        
■えほんのじかん       水ようび ごご3じ30ふん~4じまで (対象:3さいから)

利用登録

○稲城市に在住・在勤・在学・在園の方はどなたでも登録できます。(青カード)
○「個人貸出登録申請書」に記入の上、住所・氏名が確認できるもの(保険証・運転免許証・住民票・学生証等)とともにカウンターへお持ちください。図書館利用者カードを発行いたします。
○八王子市・府中市・調布市・町田市・日野市・多摩市・川崎市にお住まいの方も、サービスに一部規制がありますが、ご利用になれます。(緑カード)

資料を借りる

○iプラザ図書館では、すべての資料を「自動貸出機」で貸し出せます。
  「自動貸出機」を使い、ご自身で貸出手続きをしていただきます。
○予約の本は、カウンターで受取、貸出手続きをしてください。
○利用者カードは本人以外、使用できません。

種類 貸出点数 貸出期間
図書・雑誌・紙芝居 10冊以内 2週間以内
視聴覚資料(CD・DVD) 2点以内 2週間以内

資料を返す

○資料はカウンターにお返しください。
○稲城市内のどこの図書館へも返却できます。
○iプラザにある2ヵ所の「へんきゃくポスト」もご利用ください。
(ただし壊れやすいCD・DVD、また他自治体等から借りた資料は直接カウンターへお持ちください。)

資料をさがす

○探している資料が図書館にあるかどうかは、館内の検索用コンピュータ(OPAC)で調べることができます。
○稲城市立図書館のホームページからも探すことができます。

稲城市立図書館 資料の検索・予約

資料がないときは

○探している資料が見当たらないときは、リクエスト(予約・取り寄せ)ができます。
*一人全館あわせて図書・雑誌・紙芝居は10冊まで。視聴覚資料は2点までです。
*資料の用意ができましたらご連絡します。取り置き期間は連絡後1週間です。

リクエスト(予約・取り寄せ)

○借りたい資料が、貸出中のとき・市内の他の館にある場合・所蔵していない場合は予約ができます。
○稲城市内にある資料(貸出中の場合、または市内の他の館にある場合)は、館内の検索用コンピュータ(OPAC)、インターネット、携帯サイトからお申し込みいただけます。
また、カウンターやFAX・電話でも受け付けます。
○市内にない資料は、所定の用紙にご記入の上カウンターへお持ちください。FAX・メールでも受け付けます。青カードの方のみのサービスです。緑カードの方はご利用いただけません。
○所蔵していない視聴覚資料の予約はできません。

ご注意ください

○返却日から2週間以上過ぎている資料が残っている場合は、新たな貸出・予約ができなくなります。
○利用カードは、3年に1度、誕生日に更新の手続きが必要です。誕生日の1ヶ月前から手続きができます。
青カードをお持ちで住所変更がある場合、また、緑カードをお持ちの方は、お名前とご住所が確認できるものをお持ちになりカウンターへお越しください。
○お借りになった視聴覚資料の使用により、デッキに故障が生じた場合、図書館は責任を負いかねます。
○図書館資料を失くしてしまったり、汚してしまった場合は、原則として弁償となります。視聴覚資料は著作権の関係で大変高額になりますので、取り扱いにご注意ください。