トップ  >  イベント案内  >  ホールイベント案内

ホールイベント案内

2014年11月15日

公演名:

鈴木秀美プロデュース 古楽~18世紀の音を楽しむ~《Kids meet KOGAKU ピアノの仲間たち》

チェンバロ、フォルテピアノ、ピアノを並べて聞き比べてみましょう。
異なる種類のピアノを聞き比べるコンサートはありますが、時代が異なる三種類の楽器を一緒に聞く機会も少ないので、お子様だけでなく大人の方々も、ぜひ、ご参加ください。

【出演】
 平井千絵(フォルテピアノ)
現代ピアノの先祖・フォルテピアノの数少ないスペシャリストとして、多くの作品に命を吹き込んでいる平井千絵は、桐朋学園大学卒業後、オランダのデン・ハーグ王立音楽院古楽器科在学中に、ブルージュ国際フォルテピアノコンクール3位入賞。同音楽院首席卒業後、演奏活動を開始。ヨーロッパ各地の音楽祭やテレビ・ラジオへの出演など、幅広い活動を行っている。
日本国内においては鈴木秀美氏(チェロ)とのデュオで脚光を浴び、フォルテピアノについてのわかりやすい紹介トークを交えたソロ・コンサートも好評。2011年4月からは銀座・王子ホールで『ぴあのの部屋』と題するシリーズがスタートし、女性作曲家による作品をプログラムに並べるなど、新鮮な視点でピアノ作品を紹介している。
CD録音では、鈴木秀美氏との『メンデルスゾーン作品集』『ショパン作品集』(以上ソニー=BMG)が、音楽専門誌などで注目された。その後も唐澤まゆこ氏(ソプラノ)との『アート・オブ・マリー・アントワネット』(フォンテック)、初のソロCDであるショパンとグリンカの作品集『1840』(アクースティカ)をリリースしている。モーツァルトのピアノ・ソナタ全曲録音「Mozart Speaks」が進行中であり(フォンテック)、第1弾は「レコード芸術」特選盤に、第2弾は準特選盤、2014年4月にリリースされた第3弾は特選盤に選ばれた。

【ゲスト】
 鈴木秀美(チェロ)

【曲目】
 モーツァルト:ピアノソナタ 第11番 KV331より3楽章「トルコ行進曲」
 モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲 ハ長調(きらきら星変奏曲)*3台弾き較べ
 ベートーヴェン:ピアノソナタ 作品27−2「月光」より一楽章
 むすんでひらいて 他

チラシのダウンロードはこちら PDFファイル

公演日 2014年11月15日(土)
時間 11時00分開演(10時30分開場)
会場 稲城市立iプラザ ホール
入場料 全席自由 おとな 1,000円
        こども(中学生以下)500円
その他 入場0歳から可
※小さなお子様でもひとり1枚のチケットが必要になります。
チケット ■本公演は終了いたしました。
主催 稲城市立iプラザ指定管理者 いなぎ文化センターサービス㈱
お問合せ ホール事業担当 042-331-1720